TOP

WindowsPCから操作可能な、あらゆる
アプリケーションの操作を自動で学習して再現
働き方改革にも効果的に活用が可能

導入イメージ
1
繰り返し作業をスピーディに実行
業務操作をWinActorが学習し、シナリオ化することで、定型、繰り返し作業をロボットが代行。素早く実行します。
2
複雑な作業もミスなく正確に遂行
ロボットが実行するため、確実で、ヒューマンエラーの撲滅につながります。
※RPA (robotic process automation)とは
ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みのこと。
仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われる。

WinActorが代行できる主な作業

  • 大量のデータ投入、転記作業
  • ワークフロー上での、起案、承認、差し戻し等の操作
  • キッティング作業時の端末設定・アプリインストール作業
  • ダイレクトメールの送信
  • Webサイト検索、インターネットからの情報収集
  • HPのリンクやメーリングリストの死活確認
  • 印刷・PDF化作業
  • データ分析、加工と配布
  • 複数台の端末を用いた負荷テスト
  • サーバーメンテナンス(コマンドライン操作)
  • SQL発行(DB管理ソフトの操作)
  • …等

クライアント版とサーバー版の比較 WinDirector™サーバー版のご利用イメージ

WindowsPCから操作可能な、あらゆる
アプリケーションの操作を自動で学習して再現

導入イメージ

集計データの加工作業のロボット利用例

導入イメージ

基幹システムに手を加えず新規業務を追加した例

導入イメージ

簡単・低価格、すぐにでも導入可能

  • プログラミング知識は不要!
    誰でも簡単にシナリオ作成
  • ご利用中の他システムのカスタマイズ不要!
    PCタイプでコンパクト、低価格で業務改善! 

ライセンス形態(年間ライセンス)

  • ライセンス形態:インストールする端末、サーバーごとに発生する利用型(年額制)のライセンスです。
    ・フル機能版:シナリオ作成機能とシナリオ実行の両方を備える
    ・実行版   :シナリオ実行機能のみの廉価版
    ・WinDirector™ :クライアントへの指示を行う管理ロボです。クライアントを100台収容可能

動作条件 (version v4.3.0)

  WinActor v4.3.0 WinDirector v4.3.0s
対応OS Windows 7 Professional SP1
Windows 8.1 Professional update1
Windows 10Professional
Windows Server 2012R2, Windows Server 2016
対応アプリケーション Microsoft Office 2007,2010,2013,2016 管理ロボ実行に必要なミドルウェア
・PostgreSQL
・Java
・Tomcat
・ActiveMQ
※現時点ではWinDirectorのインストーラが存在しませんので、必要なミドルウェアを手順書に従ってインストールする必要があります。
対応ウェブブラウザ Internet Explorer 8,9,10,11
対応アプリ開発環境 .NET Framework 3.5,4.0,4.5,4.6,4.7
対応CPU Intel Pentium4 2.5GHz相当以上 CPUは3.1GHz64ビットプロセッサ以上
HDD 空き容量500MB以上 空き容量500GB以上
メモリ 2GB以上 8GB以上
ディスプレイ 1024×768以上
※高解像度のディスプレイを使用する際に、Windowsの設定でテキストやアプリのサイズを変更している場合、文字やアイコンのレイアウト崩れが発生することがあります。
 
よくある質問

お問い合わせは

株式会社ワイドテック
プロダクト事業部 WinActor営業担当
101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-2
イトーピア岩本町二丁目ビル 4F
TEL: 03-5829-4178(営業直通)
E-mail: winactor@widetec.com

もしくは、お問い合わせページからお願いします。